矯正歯科Ortho

当院の矯正歯科の特徴

インプラント治療とは

当院の矯正歯科の特徴について

  1. 目立たない 裏側矯正やマウスピース矯正といった目立たない矯正が可能です。一般的な表側矯正も昔とは異なり、透明な装置や白いワイヤーを使用することでより目立ちにくくなっております。
  2. 最新の3Dスキャナー 口腔内スキャナーiTero の最新機種を導入しております。従来の歯型取りに比べて負担が大幅に減少、そのまま治療予測やマウスピース型矯正装置の作製が可能となっております。
  3. カウンセリング重視 3Dソフトウェアを利用して、治療開始から完了までの歯の移動をコンピューター上でシミュレーションを行います。
    患者さんには、現在の歯並びと矯正治療後の歯並びを画面で確認していただけるので、より希望通りの仕上がり、治療結果を達成することが可能となります。
  4. 咬合理論に基づいた機能回復 審美に留まらず、機能回復の為の矯正治療も行うことができます。
  5. 幅広い技術を組み合わせた包括的治療ができる 当院の矯正を担当する歯科医師はマウスピース矯正、ワイヤー矯正、インプラント、セラミック治療などの技術を全て学んでおり、複数の技術を組み合わせた包括的治療ができます。
  6. カウンセリングについて 患者さんは何が気になってるのか?、どうなりたいのか?などしっかり問診を行います。また、その際に矯正治療の方法とそのメリット・デメリット、費用についてご説明させていただきます。所用時間は30分~60分となります。

矯正治療を検討されている患者さんへメッセージ

歯並びが変われば笑顔も増え、人生が変わります。思い立ったら吉日です。綺麗な歯並びで輝く笑顔で最高の人生を長く過ごしてください。
少しでも歯並びが気になりましたらお気軽にご相談ください。

矯正治療メニュー

対応する矯正治療

  • 小児矯正
  • 成人矯正
    (表側矯正、裏側矯正、
    マウスピース矯正)
  • 部分矯正

小児矯正について

小児矯正とは

小児矯正の特徴

『小児矯正』は子どものための矯正治療で、永久歯が生え揃う前や、生え揃ってすぐのタイミングで行います。
成長期に矯正治療を行うと、歯並びだけでなく、成長中の軟らかい顎の骨も動かせるので、顎が正しい位置になるように、大きさやバランスを調整できます。大人になった時の正しい歯並びや噛み合わせにつながる大事な治療です。

また矯正治療は歯並びの改善のみならず、虫歯・歯周病の予防、全身の健康回復・維持などにも影響します。審美面だけではない機能面の改善にも必要な大切な治療です。
小児矯正は将来の口と全身の健康、そしてその維持のために、大きな意味があるのです。 お子さまの歯並びや噛み合わせで気になることがあれば、ぜひ気軽にご相談ください。

小児矯正を開始するのに
適した年齢とは

1期治療(骨格矯正)

将来の正しい歯並びや噛み合わせのために、”位置決め”を行う治療となります。顎の骨格のバランスを整えるので、成長期の子供だからこそ効果が得られる治療です。7~11歳ごろが対象となります。
6歳前後に乳歯の奥から生えてくる、6歳臼歯といわれる奥歯を基準にして、正しい噛み合わせをつくっていきます。これによって永久歯を抜くことなく、歯並びを整えることができます。出っ歯や受け口の予防につながる場合もあります。

2期治療(歯列矯正)

1期治療によって顎の骨の大きさやバランスが整えられ、永久歯がきれいに生え揃う土台をつくれるので、2期治療の必要がない場合もあります。1期治療であまり効果が得られずに2期治療に入った場合も、部分的な矯正治療で済むことがほとんどです。2期治療を行う年齢の目安は、12歳以降です。
もし不適切な生え方をしそうな永久歯があっても、完全に生え終わって顎の成長が止まった段階で治療を始める方が、効果的な場合もあります。

小児矯正の必要性

成長に合わせた治療で非抜歯の可能性を広げます。小児矯正では成長に合わせて歯を正しい位置へ移動させるので、抜歯をせずに治療できる可能性が高くなります。
使用する矯正装置は、お子さまの歯の状態によって組み合わせを変えて治療します。

メリットとデメリット

メリット

  1. 歯を抜かずに治療できる
  2. 大人になってから矯正を行うよりも
    美しい歯並びを実現できる
  3. きれいな歯並びで思春期を
    迎えられる
  4. 将来の虫歯予防につながる

デメリット

  1. 顎の成長の終わる10代後半まで経過観察が必要で、治療期間が長くなることが多い
  2. 骨格的な問題がある場合は、大人になってから再度治療が必要になることがある
  3. 患者自身で装着する装置を使う場合、本人が治療に協力的でないと結果が出にくい
  4. 矯正治療中は磨き残しが出ることが多く、虫歯になりやすい
  

治療期間

1期治療:1~3年

1期治療では、顎の拡大や上下の顎のバランスを整えるなどお子さんの成長を生かした治療になります。治療期間は1~3年程度となり、治療にはマウスピースなどを使用します。
1期治療後永久歯がきれいに並ぶようであれば治療終了となりますが、永久歯への生え変わりの様子や顎や顔の成長を経過観察してきれいに歯が並ばないようであれば2期治療へ進みます。

2期治療:1~2年

1期治療後永久歯が生え揃う頃から2期治療を開始します。治療期間は1~2年程度です。治療にはマウスピース、ワイヤー・ブラケットなどを使用します。
2期治療は1期治療後に永久歯が斜めに生えたり、正しい位置に生えない場合に行います。 永久歯の並びを整え、美しい歯並びかつ正しい噛み合わせをつくる治療です。

治療期間のかからないケース

時間がかからないのは、悪いクセがなく、奥歯の噛み合わせが正常で、歯が並ぶ場所がしっかりしているが、前歯1本だけ傾いているのが問題であるようなケースは比較的短期間で安定した状態になります。
矯正治療なら比較的簡単に改善できますが、自然には簡単に改善できません。自然に治るかもと様子をみている間に状況は良い方には進んでいかないことが多いです。

治療期間のかかるケース

歯並びだけでなく、悪いクセもあり、噛み合わせも問題、姿勢も悪い、治療に協力的でない、来院が滞りがちなど、時間がかかる要素はたくさんあります。
2年以上経過しても改善がなされない場合はなかなかやる気を持続するのは困難でしょう。
しっかりとお食事を噛んで食べないとどうしても噛み合わせが不安定で時間がかかります。姿勢に気を付け、しっかりと噛むことが成功の道です。

矯正治療の流れ

【7歳~11歳】の場合

  1. 初診カウンセリング お子様は初めての矯正治療にたくさんの不安を抱えていると思います。まずはご両親やお子様の希望や疑問をお伺いすることから始めます。
    不安を取り除いたところで、口の中や顔の骨格を診察し、矯正治療の概要や流れをご説明します。
    この時点ですぐに治療が必要ないと判断された場合は、しばらく経過を見ます。 初診カウンセリング
  2. 精密検査【7歳~11歳】 治療計画を立てるため、患者様の口の中を詳しく診察していきます。歯型・咬み合わせの採得、口腔内とお顔の写真撮影、顎関節のチェックなどをして、噛み合わせや骨格のズレ、歯や骨の様子を細かく調べていき、現在の歯と骨格の状態を確認します。 精密検査
  3. 診断結果の報告 矯正治療は長い時間をかけて歯並びや噛み合わせを正していく治療です。まずはレントゲンなどの検査データをもとに治療方法や期間、そして費用や支払い方法などをご説明します。
    その上で、きちんと納得して頂いて治療に臨めるように十分に話し合い、治療計画を立てていきます。
    また、精密検査の結果、この時点ですぐに治療が必要ではないと判断された場合は、しばらく経過を見ます。 診断結果
  4. 矯正装置装着【小児期治療】 いよいよ矯正治療の開始です。初めて矯正装置をつけるときは1時間程かかります。装置をつけた直後は締めつけられるような感じや痛みを感じることなどがありますが、数日でおさまりますのでご安心ください。
    装置をつけた後は、症状によりますが、1~3ヶ月おきにご来院いただき、歯の状態チェックや装置が取れていないか、また調整を行います。
    治療期間の目安は1~3年ですが、症状や装置の種類、治療の難易度によって治療期間は変わってきます。 矯正装置装着
  5. 動的治療終了 歯並びや噛み合わせがきれいに整い、よく噛めるようになったら矯正装置を取り外します。この後、歯の位置が落ち着くまで1~2年の保定期間に入ります。
    歯を支えている骨が新しい歯並びに合わせてしっかりと落ち着くまで、取り外し可能な固定用装置を使います。
    ここからは3ヶ月~1年に一度、メンテナンスのためご来院いただく必要があります。 動的治療終了
  6. 保定観察終了 保定観察が終了すると、歯磨きの指導やフッ素塗布などを行い、定期的なお口の健康管理に入り、しばらく経過を見ていきます。 保定観察終了

【12歳~】の場合

  1. 初診カウンセリング お子様は初めての矯正治療にたくさんの不安を抱えていると思います。まずはご両親やお子様の希望や疑問をお伺いすることから始めます。
    不安を取り除いたところで、口の中や顔の骨格を診察し、矯正治療の概要や流れをご説明します。
    この時点ですぐに治療が必要ないと判断された場合は、しばらく経過を見ます。 初診カウンセリング
  2. 精密検査【12歳~】 第1期動的治療を再評価し、永久歯の噛み合わせをどのようにしていくか等を検討し、第2期動的矯正治療の治療方針を決定するために必要な情報を集めます。
    第2期矯正歯科治療に入る時期は、患者さんの成長や歯の状態などでひとりひとり、年齢や時期が異なります。また矯正歯科治療以外の優先されたい受験や進学などの環境的なことなどを患者さんや保護者の方と話し合って、再検査をさせていただきます。 精密検査【12歳~】
  3. 診断結果の報告 診断結果から第2期矯正歯科治療や保定観察に関しての治療計画や、予想される治療期間などについてご説明します。
    最終的に患者さんや保護者の方と治療方針について合意が得られるまで充分に話し合いをして、納得していただいた上で治療に入ります。
    この時点ですぐに治療が必要ないと判断された場合は、しばらく経過を見させて頂くこともあります。 診断結果の報告
  4. 矯正装置装着【成人期治療】 矯正装置を装着し、歯の並びと咬み合わせを整えていきます。顎の大きさに対して歯が大きすぎれば、場合によっては抜歯することもあります。
    上下顎のズレが大きい場合には、矯正歯科治療と口腔外科において外科的手術を併用した、外科的矯正歯科治療法が選択されることもあります。また治療途中では、ご自身で取り外していただく顎間ゴムなども使用していきます。 矯正装置装着【成人期治療】
  5. 動的治療終了 矯正歯科治療によって、綺麗に整った歯並びになり、しっかりと咬むようになったばかりの歯は、まだその周りの骨や歯肉が不安定で、その位置でしっかりと骨が支えられていませんので、元の位置へ戻ろうとします。
    矯正歯科治療後は、必ず保定装置を使用して治療によって得られた咬合を安定させなければなりません。
    この期間を保定観察期間と呼び、矯正歯科治療期間同様とても重要な時期になります。 動的治療終了
  6. 矯正治療終了 保定装置による定期観察が終われば、矯正治療は終了となります。終了後、患者さまと話し合い、継続的に3ヶ月〜半年に1度の間隔で来院していただき、歯の並び、咬み合わせの状態をチェックさせていただきます。
    その際には、虫歯や歯周病の有無など口の中の健康状態についても確認させていただき、何か異常があれば、治療をさせて頂きます。 矯正治療終了